3・11から6年 全ての原発をなくせ・福島の子どもたちを守ろう

「山梨での春休み2017」〔3/29(水)~4/1(土)〕にご協力をお願いします

■福島の子どもたちにのびのびとした春休みを
 福島県では小児甲状腺がんが多発し、その数は疑いも含め184人になります。普通小児甲状腺がんは子ども100万人について数人という稀な病気であり事態は深刻です。
 放射線は体内に入ると、細胞の中の遺伝子を破壊し、将来がんを発生させる可能性があります。とくに成長期の子どもが心配です。たとえ短期間でも放射能汚染の少ない土地で生活し、ストレスを発散させることが、免疫力回復の点で効果のあることが、チェルノブイリ原発事故の経験からわかっています。
 私たちは2012年から春休みと夏休みに、福島の小学生を山梨に招く活動をしています。今度の春休みで11回目となります。皆さんのご協力をお願いします。
▲期間 3月29日(水)~4月1日(土)の3泊4日
▲参加者 福島県の小学生8人が南アルプス市に宿泊の予定
▲主な行事 「ハイキング」「バーベキュー」など
▲主催 放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会

■「ボランティア」や「資金カンパ」にご協力下さい
▲遊び―山梨の会会員と共に、子どもたちと一緒に遊んで下さい。1日で結構です。
▲食事作り―山梨の会会員と共に、食事作りに参加して下さい。1食で結構です。
▲資金カンパをお願いします―「山梨での春休み」の費用は、会員や皆さんから寄せられますカンパ、街頭からのカンパなどでまかなわれます。
・1口1,000円から、何口でも結構です。
 郵便振替で。口座記号番号「00210-0-50137」、口座名称「福島の子どもたちを守る山梨の会」
(ご協力下さる方は、「山梨の会」までご連絡下さい)
d0261687_7451966.jpg
2016年8月18日 尾白川で
d0261687_7464964.jpg
2016年8月19日 きもだめし

多発する小児甲状腺がん! 原発事故から6年の福島の現状

■3・11原発事故から6年です。政府と福島県は、被災者への支援策を打ち切り、帰還の強制ともいえるような施策をつぎつぎと打ち出しています。
▲最大のものは、現在避難指示が出ている区域のうち「居住制限区域」(年間被曝線量50ミリシーベルト以下)と、「避難指示解除準備区域」(年間被曝線量20ミリシーベルト以下)の避難指示を2017年3月までに解除するという方針です。避難指示が解除されれば、現在出されている毎月の慰謝料などの支援策は順次打ち切られます。
・もともと法律で一般人が浴びる年間の人工放射線の限度は、1ミリシーベルトと決められていました。それを政府は、福島事故のあと緊急時だからと20ミリシーベルトに引き上げました。とんでもないことです。チェルノブイリ原発事故のあとのウクライナ、ベラルーシ、ロシアでは年間被曝線量5ミリシーベルト以上は強制移住(人が住んではいけない)、1ミリシーベルト以上で避難の権利が生まれました。
・政府は、除染が進んだということを理由にしていますが、人家のまわり20メートルまでしか除染はしません。福島県で森林は全面積の7割をしめ、政府はその大部分についてお金を理由に「除染はしない」という方針です。雨が降ったり、風が吹いたりすれば放射線量は変化します。
・慰謝料などの支援策の打ち切りをともなって避難指示区域の解除を行うことは、帰還の強制であり、被曝の強制と同じです。それは安倍政権の「原発事故は収束した」「原発の再稼働」「原発の輸出」などの攻撃を進めるためです。
■大きな問題は、小児甲状腺がんが多発していることです。国や県は原発事故当時の福島県の18歳以下の子ども全員の甲状腺検査を実施しています。昨年末までに184人が、がんまたはがんの疑いと診断されています。
▲通常小児甲状腺がんは100万人について数人と言われています。福島でのこの高い率での発生に対して、まず原発事故との因果関係を疑うことは当然です。それを国や県は「原発事故との因果関係は考えられない」「過剰診療による多発」などと言い、これまでの甲状腺検査の縮小の検討を開始しています。
▲私たちは強く訴えます。政府は福島の子どもたちの命と生活を守れ。全ての原発を廃止せよ!

「山梨での春休み2017」にむけて(会員Sさんから)

 私が「山梨の会」に係わるようになったのは、2014年の夏の保養キャンプからでした。たまたま手にとった新聞に、保養キャンプが私の地元で行われる記事を目にしたのがきっかけでした。今日まで5回の参加となります。
 福島の子ども達が、自然豊かな山梨でのいろいろな活動を楽しんで笑顔を見せてくれるのが、なによりうれしく感じています。
 今後も地道に福島の子ども達と繋がっていきたいと思っています。


山梨の会の新しい代表が今村栄一さんに決まりました

 1月29日に行われた山梨の会の春休みに向けての会議で、事務局の今村栄一さんが新しい代表に決まりました。
 これまでの代表の井出あつ子さんからは、両親の高齢化にともない介護に専念したいと代表辞任の申し出が出ていました。
 井出さんには、この間の保養キャンプの陣頭にたっていただきましたがあらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by counterradiation | 2017-02-17 08:33 | Comments(0)


代表 今村栄一 甲府市宮前町1-3上田方気付 TEL: 090-9347-3621 FAX: 0555-84-1108   E-mail: counterradiation@joy.ocn.ne.jp


by counterradiation

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

「山梨での夏休み2017」へ..
at 2017-09-15 20:44
福島の小学生を夏休みに山梨へ
at 2017-07-28 06:33
山梨での夏休み2017・参加..
at 2017-07-04 20:06
「山梨での夏休み2017」〔..
at 2017-07-03 10:57
「山梨での春休み2017」へ..
at 2017-05-02 06:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済

画像一覧