<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「山梨での夏休み2015」(8・17~21)へのご協力ありがとうございました

【Ⅰ】福島から7人の小学生が参加

●今回参加したのは、直前にキャンセルがあり、小学2年生から6年生までの女子6人、男子1人となりました。

●参加者の出身地は、沿岸部のいわき市、中通りの福島市、二本松市、郡山市、白河市、玉川村でした。

【Ⅱ】山梨での5日間

(1)8月17日(月)―福島から山梨へ

●福島への迎えは、事務局の今村、ボランティアの平野さんが行いました。
・午前8時半いわき市での迎えをかわきりにして、磐越道→東北道と走って福島市、次いで東北道を南下して二本松市、郡山市、白河市の順に迎えました。新白河駅をワゴンで出発したのは12時で、あらためて福島県の広さを実感しました。
・その後東北道―圏央道―中央道を経由し宿舎に午後5時半に到着しました。
・歓迎の夕食会には、ボランティアの6名の方もかけつけてくださいました。

(2)8月18日(火)―富士山5合目へ

●この日は富士山5合目へ行きました。付き添いは平野さん、深澤さん、今村の3人が担当しました。
・富士吉田のスバルライン近くの駐車場からバスで5合目へ。外国からの観光客が多く、すごいにぎわいでした。
・最初に5合目の郵便局から、それぞれが家族宛にハガキを出しました。その後5合目の「お中道」をハイキング。昼食を食べながら、眼下の河口湖や西湖を眺め、富士山の高さを実感しました。

(3)8月19日(水)―尾白川で川遊び

●北杜市白州町の名水公園「べるが」と尾白川に行きました。子どもたち7人に加えて、春休みにほうとう作りを教えてくださった神田さん、毎回お世話になります田丸さんとお仲間の皆さん、それに平野さん、深澤さんなど総勢15人です。
・「べるが」に到着し、子どもたちがバドミントンなどで遊ぶ間に、大人が準備してバーベキューでにぎやかな昼食となりました。
・昼食の後尾白川で遊びました。ウォータースライダーなどで歓声をあげた後、魚やおたまじゃくしを追いかけました。後日田丸さんと一緒に参加して下さいました方から川遊びの全景を写した立派な写真をいただきました。福島の小学生に送らせていただきました。

●夕食は井出さんや、あけぼの医療センターの看護師さんたちが作ってくださいました。

(4)8月20日(木)―野菜の収穫・桃のもぎとり、築山地区の公園でバーベキュー

●最初に平野さんの畑でナス、キュウリ、トマトなどの収穫を体験しました。
・その後市川さんの果樹園で桃のもぎとりを行いました。子どもたちは固い桃がおいしいと皮をむいてその場で食べていました。お土産の桃をいただいて、築山地区に向かいました。
・雨が降ったりやんだりであったので、流しそうめんは中止し、御崎神社での遊びとバーベキューを行いました。子どもたちは朝収穫した野菜などを自分で調理して焼きました。

●夕食はいつもお世話になる望月さんたちが肉団子などを作ってくださいました。
・山梨での最後の夜は、子どもたち一人一人に、一番楽しかったことを発表してもらいました。
・また毎回カンパを送ってくださいます「ケバの会」からの手作りのゆかた生地の手ぬぐいが子どもたちに届けられました。子どもたちは大喜びで福島に持って帰りました。

(5)8月21日(金)―山梨から福島へ

●福島への送りは、事務局の今村と山梨合同労働組合の木下さんが担当しました。深澤さん、平野さん、井出さん、木下明美さんたちに見送られ8時30分に出発。途中、談合坂サービスエリアでお土産を買って福島に向かいました。
・迎えの時と同じ順番で、いわき市に午後3時、最後の白河市には午後6時半に無事送り届けて「山梨での夏休み」は終わりました。

【Ⅲ】山梨での夏休みにご協力いただいた皆さんからのお便り

●Keba 名執真理子さん―カンパと、子どもたちにゆかた地の手作り手ぬぐいをいただきました。

 2015年のサマーキャンプも楽しそうですね! いつも手作りの計画とご飯、ていねいな報告、素晴らしいと思います。他からの助成も受けず、街頭カンパやグループからのカンパで実践されてるのはとても大変だと思いますが、だからこそKebaはこれからも貴会を応援していこうと思います。みんなのまっすぐな心が、福島の子どもたちの思い出につながっていったらいいなと思います。

●Fさん(甲府市青沼)―カンパをいただきました。

 ボランティアなどへの参加は出来ませんが、活動に大変感銘を受けました。今後とも頑張って下さい。

●Kさん(広島県三次市)―「8・6ヒロシマ」に参加の際、「保養交流会」で山梨の会の会報を配布しました。それでカンパを送っていただきました(事務局)。

 広島で保養のとりくみについて、お話しを聞かせていただいた者です。わずかですみませんが、父母からもカンパをもらったので送らせていただきます。

●Wさん(夏休みに参加した福島県在住の小学生のお母さんから)

 こんばんわ
 春休みは大変お世話になりありがとうございました。病院につれていってもらったり、本当にありがとうございました。
 娘は夏休みの山梨保養を楽しみに待っていました。
 親としても、娘はよく頭痛・腹痛をして1学期は学校を休むことも多く、ぜひとも空気の奇麗な所に保養させたいです。
 参加させたいですが、父母とも朝早くから、仕事で車での送迎が出来ません。また春休みのように近所に来ていただけたら……と思っております。


●井出あつ子さん(看護師)

 私は今春職場を定年退職しました。在職中は職場の皆さんから毎回保養へのカンパをいただいてきましたが、退職した今夏も元職場の皆さんのご協力で在職中と同じように福島の子どもたちを招く活動に協力出来ましてうれしく思います。
 それにしても今年は安保法案の国会提出など戦争への動きが近付いてきたように思い、ボランティアに参加している方とも誘い合って国会に行って来ました。原発の問題も、戦争法の問題も根っこではつながっているように思います。私は星野文昭さんという方の再審請求を支援する活動にも協力していますが、その星野さんが獄中で描いた絵の絵画展が11月甲府の県立図書館で行われます。そのチラシを山梨の会の会報の読者の方にも読んでいただけるよう、ご配慮を事務局にお願いしました。
 これからも福島の子どもたちの保養活動につながっていきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。


小児甲状腺がん138人に。福島の子どもを守る活動がますます大切に

●8月31日、福島県の県民健康調査検討委員会は、小児甲状腺検査においてがん及びその疑いがあると判定された子どもが138人にのぼることを発表しました。
 福島県では原発事故当時18歳未満であった子ども全員(約37万人が対象ですが、事情により1巡目検査を受けた人は約30万人)を対象に検査を実施していますが、2013年3月末までに1巡目検査が終わり、現在は2巡目検査の途中です。
 1巡目検査で甲状腺がん及びその疑いありとされた子どもが113人、2巡目検査途中まででがん及び疑いとされた子どもが25人です。
 またこの2巡目検査での25人について「これは1巡目検査での見逃しなのか、それとも新しく発生したのか」という質問に対して、検討委員会は「ほとんどが新しく発生した」と認めました。

●これは重大なことです。ふつう小児甲状腺がんの発生は100万につき数人と言われており、福島の1巡目検査での113人という数字は、100万人に直せば360人という異常な高率です。しかし県は「チェルノブイリでは事故後4~5年で甲状腺がんが発生しており、福島ではそれより短い期間で見つかっている」からとして「福島で見つかったがんは原発事故の影響とは考えにくい」「過剰診断の結果多く見つかっている」と言ってきました。しかし2巡目途中の現在は、事故発生からすでに4年目に入っています。2巡目検査のなかで新たに25人もの患者が発生しているということは、県の見解にしたがったとしても原発事故の影響以外には考えられません。しかし国や福島県はここに至ってもこれまでの見解を維持し、原発との因果関係を認めていません。

●福島原発事故から4年半が過ぎ、政府は避難区域の解除と見直しを進め、それに連動して慰謝料や住宅支援の打ち切りを決めています。事故は終わったと言わんばかりのこの動きに対して、福島の子どもたちを放射能から守り、原発をなくす活動がますます求められています。皆さん、これからもご支援をよろしくお願いします。

山梨の会・会計報告(2015/4/1~2015/9/30)

収入
・くりこし金 39,937
・ケバの会からのカンパ 71,000
・北病院ボランティアグループからのカンパ 30,000
・あけぼの医療センター職員有志からのカンパ 29,000
・個人や会員からのカンパ 109,000
・街頭カンパ 81,784
・福島の参加者からの参加費 35,000
計 395,721

支出
・「さよなら原発まつり」実行委員会へのカンパ 5,000
・「山梨の会」(16~17号)、「春休み2015のお礼」「夏休み2015」の作成、発送費用 26,178
・街頭宣伝・カンパ諸経費 9,370
・事務・備品諸経費 41,721
・「山梨での夏休み2015」経費 286,729
▲内訳
・福島への送迎高速代 40,060
・福島への送迎含むガソリン代 33,209
・送迎時の食事、おやつ、経費 6,370
・富士山5合目交通・諸経費 22,300
・「べるが」使用料・器材費 9,640
・食料品購入 44,235
・ワゴン、宿舎、諸企画への謝礼 88,300
・備品・消耗品・遊具 18,715
・旅行保険 10,000
・救急医療センターと民間医院 13,900
計 368,998
くりこし 26,723

d0261687_971922.jpg
8月18日 富士山5合目へ

d0261687_99544.jpg
8月19日 「べるが」でバーベキュー

d0261687_9101717.jpg
8月20日 桃のもぎとり

d0261687_917631.jpg
8月20日 ボランティアのみなさんと夕食
[PR]
by counterradiation | 2015-11-15 09:13 | Comments(0)


代表 今村栄一 甲府市宮前町1-3上田方気付 TEL: 090-9347-3621 FAX: 0555-84-1108   E-mail: counterradiation@joy.ocn.ne.jp


by counterradiation

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

福島の小学生を春休みに山梨へ
at 2017-03-18 08:43
3・11から6年 全ての原発..
at 2017-02-17 08:33
フクシマとつながろう! なく..
at 2017-01-20 07:27
福島原発事故からまもなく6年..
at 2016-12-12 11:32
福島の小学生を夏休みに山梨へ
at 2016-07-21 07:27

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済

画像一覧