人気ブログランキング |

福島の小学生を山梨での保養キャンプに皆さんの「ご参加」と「資金カンパ」をお願いします

■8月17日(土)から21日(水)まで、8人が参加(4泊5日)
・8月17日(土)福島から山梨へ、宿舎で夕食会(19時~)
・8月18日(日)宿舎庭でバーベキュー大会(11時半~)
 午前・午後は南アルプス市の公園での遊び
・8月19日(月)甲州市で果物もぎ取りと丸かじり(10時~)
 午後は甲州市で遊び、温泉へ
・8月20日(火)北杜市「べるが」で川遊びとバーベキュー(10時半~)
・8月21日(水)山梨から福島へ

■山梨の皆さんのご参加(お子さん連れ大歓迎)と資金カンパをお願いします
【参加して下さる方へ】
・8月18日(日)
 宿舎に11時半までにお願いします。予約・経費は不要です。
・8月19日(月)および20日(火)
 経費は不要ですが、それぞれ遠方ですので宿舎から一緒に行くか、現地集合となります。念のため前もってご連絡を(090-9347-3621)。
 両日とも宿舎発8時半。現地集合の場合の場所・時刻は下の記事参照を。
 小雨決行です。
【資金カンパをお願いします】
・山梨での保養キャンプは街頭カンパや皆さまからの資金カンパで運営されます。すでにカンパを頂きました皆さまには感謝申し上げます。
・1口1,000円から、何口でも結構です。郵便振替でお送り下さい。
 口座記号番号「00210-0-50137」、口座名称「福島の子どもたちを守る山梨の会」

d0261687_15112970.jpg
6月29日、7月7日、7月23日、7月27日の4回、甲府駅でカンパを訴えました。写真は6月29日のカンパ活動

d0261687_15145730.jpg
2018年夏休み保養キャンプから

【保養キャンプとは】
 福島県では震災当時18歳以下の未成年のうちから224人が、小児甲状腺がんを発症しています。小児甲状腺がんは普通100万人に1~2人というまれな病気です。また政府は2020年東京オリンピックに向けて「福島は復興した」というキャンペーンをするために法定被曝線量の20倍の、年間20ミリシーベルト基準で避難区域を次々と解除しています。
 高い放射線量に直面する子どもたちが、たとえ短期であっても放射能の少ない区域でストレスなく生活をすることが、免疫力回復の点で効果のあることがチェルノブイリ原発事故の教訓からわかっています。

〔宿舎地図〕
●宿舎は「つくつくの家」と看板の出ている農家です
 (南アルプス市築山583)
御崎公園を越えて直進し、進行左手です
※御崎公園への入口がわかりにくいです。不明な時は電話をください。
d0261687_15444745.jpg
8月19日果物もぎとり現地集合場所
午前10時
d0261687_15483535.jpg
8月20日川遊び現地集合場所
午前10時
「道の駅はくしゅう」の水くみ場
「山梨での夏休み」のボード持っています

# by counterradiation | 2019-07-30 14:55

「山梨での夏休み保養キャンプ2019」【8/17(土)~8/21(水)】を開催します。皆さんのご参加・ご協力をお願いします

・いつも山での保養キャンプへのご協力ありがとうございます。私たちは皆さんのご協力のもと、2012年の春休みから1年に2回、福島の小学生を山に招き保養キャンプを開催してきました。2019年の夏休みが16回目の保養キャンプとなります。今回もよろしくお願いします。

■3・11から8年、原発事故は終わっていません
・原発事故の1年半後、安倍首相は「(福島原発の汚染水の)状況はコントロールされている」と安全を強調し、2020年オリンピックを東京に招致しました。政府はそこに向けて、「非常時だから」と福島にだけ法定被曝線量の基準を20倍に緩め、避難区域を次々と解除し、またオリンピックの聖火リレーの出発地を原発周辺の「Jビレッジ」からと決め、そこから47都道府県に出発させます。そして2020年東京オリンピックを「復興五輪」と位置付け、「原発事故は終わった」とアピールしようとしているのです。

■政府は放射能汚染水を海へ流そうとしています
・しかし原発事故は終わっていません。政府は避難先で復興公営住宅や災害公営住宅に住む人、家を買った人を「生活が安定した」と「避難者」からはずして、少なめに数えています。そんな政府の発表でもいまだ4万人の人が、避難を余儀なくされています。
・安倍首相が「コントロールされている」とした、その放射能汚染水はいまも毎日拡大しており「貯蔵タンクの容量は2020年末で限界」(東電)として、政府・東電は汚染水を海へ投棄しようとしています。この汚染水にはトリチウムのほか、ヨウ素129やストロンチウムなどの放射性物質が基準値を超えて含まれており、漁民をはじめ福島県民の猛反対で見通しはたっていません。海洋投棄など許してはなりません。
・原発の廃炉作業も、事故で炉心溶融(メルトダウン)した格納容器内部の解明作業に着手したところで、先が見える段階ではありません。

■甲状腺検査の縮小絶対反対
・そのなかで小児甲状腺がんは福島県の発表でも224人が発症とされています。通常、小児甲状腺がんは百万人につき1〜2人というまれな病気ですが、福島県もこの数の多さについては認めざるを得ず、それを県民健康調査検討委員会の一部の委員は「高性能エコー検査」による「過剰診断」の結果だとし、福島県立医大もこれに同調し、学校での集団検診の中止を要求しています。
・また小児甲状腺がんの多発と原発事故との因果関係については、「福島事故で放出された放射能はチェルノブイリの6分の1程度なので、原発事故との因果関係は考えにくい」と発表していますが、福島事故で放出された放射能は測定されておらず推定値でしかありません。今年になって双葉町の女児が原発事故直後に100ミリシーベルトの甲状腺被曝をしていたという事実も明らかになっています(『東京新聞』2019・1・21)。

■原発をなくそう! 福島の子どもたちの健康と命を守る闘いにご支援を!
・放射能は体内に入ると、細胞の遺伝子を傷つけがんを発生させる危険があります。とくに細胞分裂が活発な成長期の子どもが心配です。短期間でも放射能汚染の少ない地域でのびのびと生活することが、免疫力回復の点で効果のあることが、チェルノブイリ原発事故の教訓からわかっています。原発と人類は共存することはできません。福島の小学生が山で夏休みをおくり、少しでもリフレッシュできるようにご協力をお願いします。

■私たちは訴えます
◇政府は20ミリシーベルト基準での避難区域解除による賠償や支援の打切りをするな!
◇「自主避難者」への住宅支援の継続を!
◇福島の子どもたちへの甲状腺検査の継続と医療の充実を!
◇全ての原発を廃炉に!
◇「山での夏休み保養キャンプ」へのご参加・ご協力をお願いします。

「山での夏休み2019」の計画
▲日程 8月17日(土)〜8月21日(水)の4泊5日
▲参加者 福島県の小学生が8人参加、南アルプス市に宿泊の予定
▲主な企画 「川遊び・バーベキュー・果物もぎ取り」など
・8月18日(日)に山の皆さんにも一緒に参加して頂く企画を計画中です(詳細は次号)

■「ボランティア」や「資金カンパ」にご協力をお願いします
▲ボランティア―山の会の会員と一緒に「遊びの見守り」「食事作り」にご参加を。一日の参加から歓迎です。お問い合わせは、山の会まで。
▲資金カンパ―「夏休みキャンプ」費用は主に皆さんからのカンパや、街頭でのカンパでまかなわれます。
・送って下さる方は、1口1,000円から、何口でも結構です。郵便振替でお送り下さい。
口座記号番号「00210-0-50137」、口座名称「福島の子どもたちを守る山の会」

d0261687_07471446.jpg
d0261687_07490075.jpg

「山での春休み2019」の報告
d0261687_07520966.jpg

での春休み(3/28〜3/31)から

d0261687_07565840.jpg
3月28日 夕食会

d0261687_08011572.jpg
3月29日 県立考古博物館で

d0261687_08022125.jpg
3月29日 金川の森でバーベキュー

d0261687_08034959.jpg
3月29日 宿舎でトランプ遊び

d0261687_08051997.jpg
3月30日 ほうとうつくり

d0261687_08062226.jpg
,3月30日 おみやげをいただく

の会・会計の報告(2018・12/1〜2019・5/31)

収入
◎くりこし金 31,420
◎「ケバの会」様からのカンパ 50,000
◎「子どもの未来プロジェクト港北」様からのカンパ 20,000
◎「北病院喫茶ボランティア」様からのカンパ 10,000
◎個人から寄せられたカンパ 300,000
◎街頭カンパ(4回)など 121,209
◎福島の参加者から参加費として 40,000
 572,629

支出
◎会報(32号〜34号)の作成と発送代金 29,625
◎街頭カンパ(4回)と宣伝の経費 14,531
◎事務用品と通信費 63,492
◎2・23反原発講演会への協力金 15,000
◎その他 6,326
◎「山での春休み2019」の費用 291,811
□内訳
・レンタカー(10人乗り) 75,480
・送迎高速道路代 40,310
・ガソリン代金 49,828
・福島送迎時の費用(ホテル2泊など) 17,275
・「金川の森」、入浴(3回)など 13,390
・食材購入費用 39,285
・遊具・備品 16,530
・旅行保険(10人) 10,000
・お世話になった方々へのお礼 12,350
・その他 3,640
 420,785
くりこし 151,844

# by counterradiation | 2019-06-23 06:24

「山梨での春休み2019」へのご参加とご協力ありがとうございました

 福島から8人の小学生を迎え、南アルプス市の古民家をお借りして、3月28日から31日までの3泊4日の日程で行われました「山梨での春休み」は、無事終了することができました。参加されました小学生の皆さん、送り出していただいた保護者の皆さん、ご協力をいただきました全ての皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

福島から8人の小学生が参加
 今回は3年生から6年生までの女子5名、男子3名が参加しました。
●3月28日―福島から山梨へ。白根「天笑閣」で入浴し宿舎へ。歓迎夕食会
●3月29日―山梨県立考古博物館見学、風土記の丘で遊ぶ。「金川の森」でバーベキュー、サイクリングなど。「樹園」で入浴
●3月30日―宿舎のある築山地区を散策、望月園恵さんの指導で「ほうとう」つくり(福島・8人、山梨・4人の小学生、山梨の支援者、参加者など12人、総計24人)。午後は御勅使(みだい)南公園で遊び、「みたまの湯」で入浴し宿舎へ
●3月31日―談合坂サービスエリアでおみやげを買い、福島へ
 3泊4日の短い日程でしたが、福島の小学生の皆さんにはのびのびとした春休みを過ごしていただけたと思います。

福島の子どもたちの命を守ろう! 全ての原発を廃炉に
 事故から8年が経ちますが原発事故は終わっていません。事故を起こした原発は内部の状況すらよくわからず廃炉への見通しは厳しいままです。その原発を冷却するために汚染水は毎日拡大し、それを海洋投棄しようとしています。最近では政府は、当初の福島県民との約束を破り除染で出た汚染土を福島県内の公共工事に使う方針を発表しています。怒りに堪えません。
 私たちは政府、東京電力に「全ての原発をなくせ」「福島の子どもたちの命を守れ」「避難者への支援の打ち切りをやめよ」と要求し、これからも保養キャンプの活動を継続する決意です。
 皆さんのご支援とご参加をよろしくお願いいたします。

d0261687_14494836.jpg

「山梨での春休み2019」(3/28~3/31)

d0261687_14522116.jpg
3月28日 夕食会

d0261687_14534035.jpg
3月29日 県立考古博物館を見学

d0261687_14545320.jpg
3月29日 「金川の森」でバーベキュー

d0261687_14555338.jpg
3月29日 サイクリングで遊ぶ

d0261687_14570541.jpg
3月30日 ほうとうつくり

d0261687_14575762.jpg
3月31日 福島へ帰る朝

# by counterradiation | 2019-04-17 14:32

原発事故は終わっていない―福島の小学生の「山梨での春休みキャンプ」に「ボランティア」や「資金カンパ」のご協力をお願いします

 原発事故から8年が経ちますが、事故は終わってはいません。政府は2020年東京オリンピックを「復興オリンピック」と位置づけ、「復興した姿を世界に発信する」と、福島にだけ法定被曝線量を20倍の20ミリシーベルトに緩め、避難区域を解除し、避難者への住宅支援や慰謝料を打ち切り「期間の強制」を急いでいます。
 メルトダウンした原子炉内部は詳しい調査もこれからの状態。毎日拡大する汚染水には法定基準値の100倍のストロンチウム90、1万倍のヨウ素129が含まれています。中でも最大の問題は小児甲状腺がんの子どもが230人と高い確率で発生していることです。政府は原発事故と小児甲状腺がんの因果関係を否定し、甲状腺の検査の縮小へかじを切ろうとしていました。
 放射線は体内に入ると、細胞の遺伝子を傷つけ、がんを発生させる危険があり、とくに成長期の子どもが心配です。たとえ短期間でも放射能の危険のない土地でのびのびと過ごすことが、免疫力回復の点で効果のあることがチェルノブイリ原発事故の教訓からわかっています。
 私たちは福島事故の翌年から、春休みと夏休みに福島の小学生を山梨に招く活動を行っています。皆さんのご協力をお願いします。

■期間 3月28日(木)~3月31日(日)の3泊4日
■参加者 福島県の小学生8人が南アルプス市に宿泊し春休みを過ごします
■主な行事 「ハイキング」「山梨の郷土料理作り」「バーベキュー」など
※3月30日(土)福島の小学生と一緒に山梨の郷土料理作りに参加しませんか。予約や経費は不要です。11時に宿舎へおいで下さい。

■「ボランティア」や「資金カンパ」にご協力をお願いします
▲ボランティア―「遊び」や「食事つくり」にご参加下さい。1日のご参加で結構です。お問い合わせは「山梨の会」まで電話、メールで。
▲資金カンパ―「山梨での春休み」は街頭カンパや、皆様からのカンパで実施されます。
・1口1,000円から、何口でも結構です。郵便振替でお送り下さい。
口座記号番号」「00210-0-50137」、口座名称「福島の子どもたちを守る山梨の会」

d0261687_22222717.jpg
2月2日春休みキャンプへ街頭カンパを行いました。2万8000円が寄せられました。

d0261687_22244491.jpg
2018年春休みキャンプから

〔宿舎地図〕
●宿舎は「つくつくの家」と看板の出ている農家です
(南アルプス市築山583)
御崎公園を越えて直進し、進行左手です
※御崎公園への入口がわかりにくいです。不明な時は電話をください。
d0261687_22314491.jpg

さよなら原発まつり・2019

3月9日(土)11~15時
集会13時・パレード14時

甲府駅北口・よっちゃばれ広場

◇主催 さよなら原発まつり2019実行委員会

3・11反原発福島行動

3月11日13時 郡山市
集会とデモ行進

・なくそう原発!
・とめよう改憲・戦争!

◇日帰り参加

◇お問い合わせは「山梨の会」へ

# by counterradiation | 2019-02-23 22:08

山梨での春休み2019・参加者募集

 私たちは「放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会」です。私たちは福島県の小学生のみなさんに、のびのびとした春休みを過ごしていただきたいと、「山梨での春休み2019」(2019/3・28~3・31)を計画しました。私たちが開催する15回目の保養キャンプとなります。
 みなさんのご応募をお待ちしております。

●期間:2019年3月28日(木)~3月31日(日)―3泊4日

●対象:福島県在住の2年生以上の小学生8名。

●費用:1人5,000円(福島から山梨までの往復交通費、滞在中の宿泊食事代、保険料の全てを含みます)

●交通手段:福島~山梨の往復の交通手段はワゴン車を予定しています。

●集合:3月28日(木)午前、参加者の住居地の駅集合予定(詳細は後日お知らせします)
解散:3月31日(日)午後4~6時・出発地

●宿泊場所:山梨県南アルプス市の古民家を予定しています。
男子、女子ごとの部屋での宿泊となります。

●滞在中の活動:「山梨の郷土料理つくり」「焼き芋つくり」「ハイキング」「温泉入浴」など(詳細日程は後日お知らせします)

●主催:放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会
代表・今村栄一(山梨県甲府市宮前町1-3 上田方気付)
TEL: 090-9347-3621、FAX: 0555-84-1108
Eメール・counterradiation@joy.ocn.ne.jp
http://counterrad.exblog.jp/

●申し込み方法
▲以下の必要事項を記入して、FAXまたはEメールでお申し込み下さい。ご質問も受け付けています。
▲必要事項
①保護者氏名、住所
②保護者の携帯電話番号、Eメールアドレス
③参加希望者の氏名(ふりがなつき)、年齢(3月28日現在の。年齢は旅行保険の申し込みに必要ですので、必ずご記入下さい)、学年、性別
④ご質問、心配ごとなど(アレルギーなど)あればお書き下さい。
⑤応募者多数で抽選に外れた場合、キャンセル待ち希望の方は「キャンセル待ち希望」とお書き下さい。
▲申し込み受付期間
2月16日(土)~3月3日(日)
応募者多数の場合は、抽選のうえ決めさせていただきます。
結果につきましては、応募者全員にお知らせいたします。

# by counterradiation | 2019-02-16 06:40


代表 今村栄一 甲府市宮前町1-3上田方気付 TEL: 090-9347-3621 FAX: 0555-84-1108   E-mail: counterradiation@joy.ocn.ne.jp


by counterradiation

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

福島の小学生を山梨での保養キ..
at 2019-07-30 14:55
「山梨での夏休み保養キャンプ..
at 2019-06-23 06:24
「山梨での春休み2019」へ..
at 2019-04-17 14:32
原発事故は終わっていない―福..
at 2019-02-23 22:08
山梨での春休み2019・参加..
at 2019-02-16 06:40

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済

画像一覧